ネルシャツ分隊

ネルシャツ分隊の戯言

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜか香港 ~2―3日目、鬼畜眼鏡地獄~

 2日目は観光とおみやげ探しを兼ねて九龍北部におでかけ。まずは香港で最も有名な道教寺院、黄大仙に向かう。ホテルの最寄り駅から地下鉄で一本、駅から徒歩2、3分のところにあるのだが、出口を間違えて市場に突入。香港の肉屋は部位ごと、世紀末チックに肉を吊るなど、漢気にあふれている。

肉屋

遠回りしながらも多くの人が向かっていくと歩道橋の上から黄大仙が見えた。入り口を過ぎると十二支像がお出迎え。

黄大仙

 参拝客はかなりいる。さらに寺院全体はなんとも言えない道教独特の金色や黄色、赤などデーハーである。

黄大仙5
 いざ来たものの、道教に馴染みがなく、とくにお参りすることもなく、軽く通り抜ける。マクドでフローズンを頂いた後、再び地下鉄に。今度は女人街なる商店街に突入した。
 
女人街2

 その名の通り女性向けが多く、最寄りの佐敦駅周辺は最新スニーカーショップなどが立ち並び若者だらけ。しかし、香港着いてからずっと思っていたが、どいつもこいつ眼鏡眼鏡アンド眼鏡。男も女も眼鏡。
 男はこんな感じ。
P122901527_kaneko-ns300.jpg
(金子ちーたんのがまだ男前)。そして、大体女連れ。

 女はこんな感じ。
MT
(益若つばさの8割減くらいのが95%)。
 
 よく見るとS君もセルフレームで、黒ぶち眼鏡。「俺の方が早い」的なことをいうと思ったが、異国の地で流石に疲れが出始めているようだ。あまり興味を示さない。とりあえずネルシャツ分隊長のKxGxR氏にぴったりのお土産がここで見つかり、満足したとこであっという間に夜になってきた。
 
 明日は帰国かつ香港島(今までは九龍島)に向かうつもりだったので、最初に訪れた屋台に行くことにした。あいかわらずの忙しさだったが、めちゃくちゃ働き者の両腕刺青だらけの兄ちゃん、つまようじを加えるだけで全然働かない髭のおっさんも喜んでくれて何より。こっちではタバコが非常に高価(日本より高い)なので、新品1箱プレゼントして別れる。

 1日目は深夜だったので気づかなかったが、ホテル近くの通りも屋台・露店で道をふさいでいた。ヨメキのお土産を物色、購入後、S君が「もうビールは嫌だ」というのでコンビニでビール以外の酒を調達。この日はよく歩いたので、S君が風呂に入っている間に寝落ち。その後、彼がiphoneを充電しようとした際、変圧器から煙が吹き出す騒ぎにも気づかないくらい疲れていた。



 最終日となるこの日、九龍島での生活に後ろ髪を引かれながらも地下鉄で香港駅方面に向かう。着くと予想通りのビジネス街で、ときおり商店街はあるものの、Yシャツをきめこむ実に多くの人種が集まっていた。わざわざこちらに来ずとも空港には向かうことが出来たのだが、一つだけ行ってみたいとこがあった。

 文武廊というお寺で、香港島で一番古いという。文神と武神が祀られていると聞いては行かざるを得ない。
文武廊5

 ちなみに文神は「文昌帝君」。武神は三国志の関羽こと「関聖帝君」。関羽については祭壇に写真のようなものも置かれており、違和感もあったが、まあいい。
 無数の渦巻き線香がかけられる寺社内の空気に当てられて、異様に太い線香(10HK$)を購入。見よう見まねでお参りする。
文武廊4
 通勤中や食事中、仕事中など万が一、テロなどに襲われようとも、突然街がパンデミックでゾンビが大量発生しても、その文武の力で切り抜けることが出来るよう祈る。

 これまでは全然見かけなかったが、香港島にくると日本人観光客もちらほら。遅めの昼食に寄った店では、現地で働くキャリアウーマンが日本語と英語を交えて同僚と話しており、どっちかにせぇと思いながら、ここは香港かと思うような寿がきやのラーメンみたいなものをすする。これが最高にまずい。寿がきやでなら食えるのに、ここだとまずい。仕方ない。
 
 店の外で一服していると、香港島は二階建てバスだけではなく、二階建てのチンチン電車を目にする。オープンエアーのツアーバスも多い。S君がオープンエアーのツアーバスを乗りたいと言ったが、行くあてもないのに高いチケット代を払いたくなかったので、替わりに近くの大きなショッピングエリアまで二階建てのチンチン電車に乗り込む。
出前一丁
 そういえばバスからも見かけたが、向こうは出前一丁が人気らしい。

 最初はツアーバスに乗りたがっていたS君もいざ、二階部に乗り込むとテンションが上がり、「2HK$(運賃)でツアー感覚とか、最高じゃね」と街並みを撮りまくる。
 「しかし、こっちのチン電もいいものだ。楽しかったな」。S君の肩を軽くたたく。
 思い出だけを残し、S君はバスに財布を落とした。

 50HK$程度のみで、カードの入っていない財布(仮)だったのでまあいいだろう。市街地を抜けて、再びお土産探しに。バスでやってきた銅鑼湾(コーズウェイベイ)は九龍中心に比べて歩く人から店からいろいろハイソ。若者も多く、そごうまである。
香港島1
 時間つぶしに蘭桂坊という、ガイジンビジネスマンが集う飲み屋街のバルで一杯ひっかけて空港に。わずか3日間の旅であっという間だったが、満喫できたかなと思う。
 関空に到着し、帰ってきたのだなと思う間もなく、入国手続きの厳しさにビビる。男二人組だからか、さまざまなことを質問され、あげくS君は荷物をぶちまけられてしょーもない土産のエロ本(実際にはエロ本ではなかった)が見つかり、審査官も苦笑。こうして香港3日間の旅を終えた。九龍はまた行ってみたいと思いつつ、香港島とマカオはもういいだろうなどと思い起こしながらラッシュ時の南海電車で帰宅したのだった。
スポンサーサイト

| DAIGO13(D13、アニキ) | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜか香港 ~1日目、伝説の回遊魚~

 前回の日記の補足から
 なぜ重慶大厦で両替したかというと、国内はもちろん香港の主要ターミナルに比べて圧倒的にレートが良い。ただし、同じ重慶大厦内でも1万円に対して、今回でも960HK$から最終的に972HK$と開きがあるので注意した方がいい。

 両替を終えて、早速フェリー乗り場に向かうが、歩きだと重慶大厦から以外に遠い。さらにS君が大型高級ショッピングモールを通るたびに、う○こをすることで余計に時間を食う(これは3日間通じて。あげく、先輩である俺に、小便のついでに大便用トイレのコンディションを確認して来いとまでいう)。
 ようやく乗り場に着いたのだが、乗りたい時間のチケットが売っていない。1時間以上待つことになるとおもったら、怪しい兄ちゃんがチケットを買い占めており、10HK$ほど上乗せしたのを買う羽目に。なんというアコギな商売だろうとおもいつつ、香港島のビル群を眺めながらフェリーは博徒の集う島へ向かう。
 フェリー乗り場
 
 マカオ到着後、とりあえずホテル・カジノの適当な無料バスに乗り込んで現地へ。まずはホテルリスボアに向かった。奥にはグランドリスボアなるえげつない建物も見えたが、まずは手前から。

グランドリスボア

 中に入ると、延々とフロアを回り続けているきれいなお姉ちゃん軍団が。なんだろう、と思っているとS君が「あれがリスボアの回遊魚」とつぶやいた。さらにもう一度、「リスボアの回遊魚ってのがいて、あれがそのことだ」と言った。気に入った言葉を繰り返すのは彼の悪い癖だと思ったが、静かにうなづいた。
 ホテル内、というより香港マカオは公共館内は基本的に禁煙なので、さっそくタバコの吸えるカジノへ。カジノ内は写真撮影禁止などでせめてと思い撮った見知らぬ天井も豪華。
カジノ中
  
 セキュリティもそれほど厳しくない。中はすごい熱気だったが、なによりもびっくりしたのがそのレート。せめてチップ1枚500円くらいにしてくれよと思ったが、最低1000円以上。しかたなく「大小」というゲームに参加したところ、手持ち資金は一瞬増えて、一瞬で蒸発した。帰ろう、俺たちの九龍に帰ろう。

 とはいうものの、マカオには歴史のある建造物などもあり、一目見ようと散策することに。ぶらりと大聖堂を眺めて、マンゴジュースで一息ついたら再び九龍に帰還するために向かう。憎きホテルリスボアのカジノはバカみたいに光っていたのを見て、少しスーパー玉出を思い出して日本に帰りたくなった。

夜マカオ2


 帰りはちょうどいいタイミングのフェリーがあり、すんなり九龍に戻る。地下鉄までむかうのもめんどくさかったこともあり、香港に来て初めてタクシーに搭乗。親切な兄ちゃんで、おろしてくれたのもバッチリの位置。ちょうど屋台街がピークの午後10時頃に着いたことですごい賑わいだった。

2日目屋台


 本日のお目当てはやはりエビ。シャコをすすめられたが、でかすぎて気持ち悪かったのでパス。エビのガーリックオイスター炒めと海鮮麺を注文。

 DSC_0070.jpg


 さらにS君が店のおっさんオススメのチャーハンを頼もうと言ったのだが、いざチャーハンが来ると一口食って「優しい、この味付け優しい」と言った後、ほとんど食わなかった。これにビールを3、4本のんで300HK$ちょっと。エビをかなり食うなど、奮発したようだ。
 今回はここまで。次で日記、終わるかな。

| DAIGO13(D13、アニキ) | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜか香港 ~到着、実質0―1日目~

 8月19日から香港旅行に。高校の後輩で会社の同僚でもあるS君と以前から、一度二人で海外へ行こうと話してたことが今年実現した。許してくれたヨメキには感謝している。
 旅行会社はpeach。LCCということもあって往復2万円ちょい、ホテルはagodaで予約した。酒勢の俺にとって最も重要なことは屋台に近いということで、土地勘はなく、治安も良く分からないが、屋台街のすぐそばで確保。二人で1万2000円前後とリーズナルブなものにした。

 初めてのpeachということで最も不安だったのが客席の狭さ。少しでも寝たかったので酒に頼る。出発前におなじみ難波の「たよし」でヨメキもいれて一杯やってから行ったが、乗ったらやはり狭い。すごい狭い。酒を飲んでたことで小汗かいてたから余計に狭い。大柄な俺はもちろん、S君ですら窮屈そうだ。しかも、俺は3列シートの真ん中。横は家族連れで、奥さんが座っていた。接触などによる無用なトラブルは避けたかった俺に、peachはより窮屈な体制を求めてくる。

 とはいいながらもガイドブックを見ながらS君と話し込んでると、香港国際空港に到着。3時間くらいのフライトで、手荷物しかなかった俺たちは入国手続きもあっさりと終えてまずは喫煙所を探す。一服後、噂に聞いてた香港版pitapa的なオクトパス(八達通)カードを買いに行くが、コンビニで渡されたのは写真で見たものよりもすごい小さいキーホルダータイプのもので、スヌーピーのカバーケースが付いていた。

こんな感じの。
DSC_0084.jpg

 これでバスに乗ろうとおもったが、チャージされていないタイプだと気付いたのはすでに時遅し。バスの運ちゃんに広東語でまくしたてられ、あわてて現金(23HK$)で支払い、深夜バスで九龍方面に向かう。香港は深夜の方が運賃は割安な様だ。
 そんなこんなでゆらゆらバスで約1時間、ようやく市街地で到着したのだが、意外に九龍市内は眠っている。眠らないイメージだったが、そうでもないのだな。
バスの中
 ここでぼーっと外を見てたらふと気付く。「ガタッ!!降りるバス停がワカラナイザー!!そもそもバスがどの辺で止まるかもワカラナイザー!!!」。夜中に見知らぬ土地で無用に歩きたくないし、勘に頼るしかない。なんて大層なことは考えず、「ここでいいや」と降りたとこから徒歩2、3分。ようやくホテルに到着。深夜2時くらいだったかな。チェックインしたあと、飯だけ食おうとホテルを中心にラップを刻んでいると、屋台で飲んでたおっさんに、おそらくこっちの席があいてるぞ、みたいなこと言われてそこの屋台に。これが本当に良かった。

屋台1日目

とにかく何食ってもウマスウマス。とくにエビ餃子はマジエビアンドエビチャン。

DSC_0063.jpg

 知らないおっさんが買ってきてくれた養命酒みたいよーわからん酒も頂き、ほどほどにコンビニによってホテルへ。会計はビール数本と点心4品くらいで140HK$いかないくらい。この日はこれで打ち止め。夜おそかったけど、結構一人で若い女性が歩いてたりしたのがビックリ。大阪よりは治安がよさそうだ。



 実質香港1日目となるこの日は、マカオへ行ってみようと決めていたので朝からホテルを飛び立つ。日本にいる間、見ていた香港の天気予報は晴れ後雷雨や降水確率60%以上が続くなどだったけど、この日はピーカン。
 S君が小じゃれた七分のシャツを羽織り、歩いているが、街に溶け込んでいない。

 1日目街並み1

 
 まずは朝飯。とにかく香港行ったら食いたかったのが、米の上に肉が乗っていてタレがかかっているような、ライスモンスターにはたまらんものを食いたかったので、ぶらり散策。すると、姉ちゃんが店の前で鳥肉をたたき切っているではないか。

朝飯姉ちゃん


ここにはアレがあると確信し、店内へ入るとやはりあった。セットでドリンクがお得になるようなので早速注文する。合わせて30HK$前後。

 そして来たのが…
s-SDIM1143.jpg

 ただし、この店は鳥=チキンではない。ダックである。俺は皮ウマス肉ウマス、タレ米ウマスとがっつくが、S君はギブアップ。ダックの身が口に合わなかったようだ。タイに一人旅とかしてくせにしょっぱい野郎だ、と思いながらそいつの肉も食いつくす。

 腹ごなしも完了し、マカオへ向かうのだが、手持ちのHK$はわずかしか持ってきていないので、まずは最もレートの良い両替商が集まるとされる重慶大厦(チョンキンマンション)へ。
チョンキンマンション

 ここは多民族が集まる、いわゆる雑居ビルのようなところで規模も大きい。ゲストハウスも多い。中東系とみられるおっさんがこの周辺で「ニセモノのロレックスあるよ」と客引きをしていた。

チョンキンマンション中

両替レートはほんとにまちまちで、入口に近いほどあまり良くない。うろうろしていると、両替商の姉ちゃんが電卓で提示してくれたのがなかなかよかったので、とりあえず2万円分を交換。ようやくマカオに行く準備が出来た。

とりあえず今回はここまで。


| DAIGO13(D13、アニキ) | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小足みてから昇竜余裕でした

やっぱり、プロレスはおもしれぇな。

いろいろあってタイトル戦4試合がマッチメイクされた“DOMINION 6.18”@大阪府立体育会館第一。観衆は6250人で、超満員札止めとか久しぶりだったんじゃないか。

楽しみだったのはやっぱり現在、最強ジュニアといわれるIWGPJrチャンピオンのプリンス・デヴィット。アイルランド出身のこのイケメン野郎に対するのは、強いエンターテインメント色が支持されているDDTプロレスのエース、飯伏 幸太。空手小公子 小日向海流に登場するプロレスラー「田伏隼」のモデルにもなった野郎だ。

結果から言うと、飯伏が新王者に。今、勝てる奴はいないんじゃないか。
まさしくジュニア最強決定戦。とにかくテンポの速い試合だった。ほんとに眼も離せないような展開。生でフェニックススプラッシュ見れて良かった。デヴィットは勝負どころで雪崩式ブラッディサンデーを決めれなかったのが痛かったな。

もう一つのビッグマッチ、棚橋弘至VS後藤洋央紀。
どっちが勝ってもおかしくない展開だったけど、後藤が裏昇天を返された時点で攻めてが無くなって、最後は棚橋に押し切られた。棚橋のスタミナは大したもんだわ。前哨戦で裏昇天を見せたのも良くなかったかも。

試合後バーナードが出てきて、これからシングル、タッグとも棚橋と争うみたいだな。その棚橋はその場で後藤をパートナーに指名。これからもガンガンいくから応援よろしく展開は、まだまだ続きそうだな。

最後に。3試合目に出たマスカラ・ドラダは本当にいいレスラーだった。
こんなやつ。今日は真っ赤なコスチュームだったけど。

とにかく速いし、良く跳ぶわ。ロープ渡るのを生で見れたし、今日は言うことなし。


やっぱり、プロレスおもしれぇな。



| DAIGO13(D13、アニキ) | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絶望ビリー

朝から、そう朝から嫌なニュースが飛び込んできた。

デポルティボ・ラコルーニャの2部A降格の知らせだ。

look 21570,zoom 398x320,crop 400x320


今年のリーガは最終節まで降格する最後の1チームがわからなかった状況。デポルの最終節の相手はバレンシアと分が悪い。昔に嫌な思い出もある(1993-94シーズンのリーガ最終節で優勝を阻んだバレンシア。勝てば優勝だったデポルだが、後半ロスタイムのジュキッチのPK失敗もありスコアレスで試合を終え、バルセロナの逆転優勝を許した)。それでも本拠地リアソールで迎えるし、バレロンが5試合連続フルスタメン中と多少なり楽観視していたが、結果はこの通り。最悪のシナリオが待っていた。



今の今まで、よく降格せずにやってきたと褒めることはさすがにできない。それはここまでデポルを、サッカーを好きにさせてくれた、スーぺルデポルの思い出があるから。

国内ではあのバルサが、レアルが、海外でもマンU、アーセナル、ユベントス、ACミラン、バイエルンだってスーぺルデポルには勝てなかったそんな時代があったことを覚えているからだ。

マカーイがいて、いまいちだったけどパウレタもいた。リバウドはすぐに旅立ったけど、フランがいて、当時最高のエンターテイナーだったジャウミーニャがいて、トゥル・フローレス、コンセイソンがいて。そして、最高のボランチ、マウロ・シルバが来て、日本でもおなじみのサンパイオも、ビクトル・サンチェスも。それにスカローニもいたなぁ。キーパーはソンゴォで、あとナイベト、ロメロにマヌエル・パブロ。それにあまり動けなくなってからはDFにコンバートされた”お爺ちゃん”ドナト。

さらにディエゴ・トリスタンやカプテビラ、アトレチコが降格してバレロンやモリーナといった名手もデポルにやってきた。

それでもそんないい時代は続かない。所詮はローカルクラブ。身の丈に合わない投資、選手の高年齢化、チームのマンネリ化。レンドイロ会長が確か400億円だったか、勝負に出て建設した育成施設もそう簡単には結果が出るようなもんでもない。

降格すればグアルダードやアドリアン・ロペスなど一部の将来が期待される選手だけじゃなく、主力も放出せざるを得ないだろう。もうレンドイロ会長は腹を括って、一からチーム作りをやりなおして欲しい。せっかくの育成部門を生かして欲しい。一年で1部復帰しなくてもいいから。待つから。

これで皮肉にも2部でガリシアダービー復活か。見に行きたいな。そして当分、リーガは見なくて済むな。またいつかスーぺルデポルに会えるまで。









あぁ、雨で良かった。

| DAIGO13(D13、アニキ) | 11:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。