ネルシャツ分隊

ネルシャツ分隊の戯言

2012年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

我々、ネルシャツ分隊は高度な人権教育を受けています

色々起こってますね。世間。

尼崎の事件。凄いっすね。
あのニュース見て、大阪とかいうマッドシティww、ていうのは間違いですよ。
あそこ兵庫県ですから。おしゃれでモダンな神戸市のある兵庫県ですよ。勘違いしないで。

で、週刊朝日のアレね。
表現の自由とか、差別とか、本人たちも、マスコミも、その他周辺もいろいろ騒いでますね。
まあ、子供の頃から高度な人権教育を受けてきた僕に言わせると、ん?そういう話なの?って感じですね。
概ね「差別カッコワルいよ」というのが世論ですね。
週刊朝日もやり過ぎちゃった、テヘペロ。みたいに連載中止しましたね。
それに対して清原的「最後までやれよ、キン玉ついてんのか!」言論の人がいて、出自やルーツを探るのはノンフィクションの手法としてはアリだし、政治家で公人だから暴かれて当たり前、差別云々はない。という大前提で話をしていて、その点は論者が反橋下かそうでないかは関係なく意見が一致しているんです。

僕が、んー?ってなるのはここなんですよね。
被差別部落の意味わかってんの?
元々、身体的な差異がないのに、生まれた場所によって謂れのない差別を受けてきたのが、部落差別であってだな、ルーツ暴いちゃったら駄目じゃん!
オバマ大統領なんかを引き合いに出して、オバマも先祖がケニアから来てだな…とかの文言を見ても、あっちは肌の色でわかるけど、部落差別の方は隠そうと思えば隠せるんだよ。んで大体みんな隠してるんだよ。もしくは自分自身知らなかったりするんだよ(親が教えてない。とか子供の頃に引っ越したとかね。そもそも橋下市長は子供に教えていたのかな?選挙の時のどさくさで知っちゃった子もいるかもね。かわいそ)。とか思っちゃう。
他にも、出自による逆境から這い上がってきた橋下徹は実力主義者の象徴として云々…の文言を見ても、そもそも橋下市長って自分の出自を自分で言っていたか?ってなる。
後追いで認めただけのような気がするな。
でも公人ですから…てか(まあ、仕方ないけどね)。

なんちゅーか。サッカー日本代表の川島がフランスのコメディアンにdisられたニュースでも思ったけど、差別っていうのは黒人にニガーって言ってないから差別してないとか、「福島の被害者」を揶揄したつもりはないとか、言って逃げられる問題じゃないだろ。と思う。
相手のあるものだからね。相手が嫌がることはやっちゃ駄目でしょ。これ道徳の基本。
これは週刊朝日にも言えることだけど、怒られたらすぐに「差別カッコワルいよ」とか言い訳するのにはホント反吐が出る。
ちゃんと「このクソ部落野郎」とか「福島のミュータントとかマジ勘弁」とかはっきり言うたらええやん。はっきり言うたらええやん。んで、それによる社会的責任も引き受けたらいい。玉虫色とかやめて。
「てめえらの血は玉虫色だ!」
とか言っても決め台詞になんないじゃん。


あと、週刊朝日の記事を読んだ感想。
すごい悪意。悪意のサイキックインプレッションがビンビン来た。タイトルからして『ハシシタ』やからね。まあ、これは社是なんでしょうけど。
冒頭は日本維新の会発足パーティーから始まって、その場に居合わせたという創作臭い阪神帽をかぶったおっさんの「総理大臣になってほしい」みたいなコメントとかがあってね。本当にそんなヤツいたのかよ?いたとしてもそいつだけを抜き出すのも悪意があるし、すでにフィクション的作為だよ。他の大多数のまともな社会人は無視して、そいつだけとか…(ちなみに阪神タイガースは大阪の球団ではありません。兵庫県の球団です。南京町がある兵庫県。南京町行ってもロッテリアでメシ食うヤツもいるらしいね。)
で、もっとも気になったのは、第一回の記事の最後に中上健次の小説を思い起こさずにはいられないとか書いていたこと。
それは「路地=部落」を舞台に主人公秋幸と「路地」出身の無頼な父親との因縁が綴られた一連の小説と部落出身のヤクザの父親を持つ橋下市長の出自とを対比しての一文なんだけど、ここでもすごい齟齬を感じざるを得なかったね。
中上健次の小説は秋幸と父親の関係や人間性が「路地」や弟殺しや復讐やなんやかんやの判り易い物語に--秋幸本人の意図とは別に--回収されてしまうこと、つまり物語化の是非を主題としているのであって、いまから橋下市長と父親の関係を、物語に仕立て上げようとしているこの記事とはまったく別であってだな…と思った。
ワイドショーとか報道番組とかでもそうだけど、なにかと物語に仕立てようとしすぎだよね、世の中のことを。判り易さや伝わり易さはあるけど、結局物事の本質とはかけ離れていることが多いんだよね、あの手の手法って。(オタクは犯罪に走りやすいとかも同じようなもんでしょ。プリキュア観てる青年男性は犯罪者らしい)
尼崎の事件だってたぶん何かの物語にされてしまうだろうし、博多の通り魔もただ人を切りたかったと言っているだけなのに、どうせ何か物語が作られるんだろう。そもそも部落差別だって江戸時代から始まる物語の一種だ。
でも誰だって子供の頃、「バカになる」って言われていたのにおにんにん(女性はお種)をイジイジしちゃったことあるでしょ。
あれになんか物語ってあったっけ?

≫ Read More

スポンサーサイト

| yankulfski | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。